あなたの経営にさらなる笑顔と業績と楽しさを生み出せるようになる助言書です。経営相談12年の経験と秘策がたっぷり詰まっています。

 

あなたのお父さんが商売をしていた、としてください。


お父さんが商売する背中って、
小さな頃のあなたは、どこか憧れを持って
見ていたと思います。

 

カッコイイお父さん、すてきなお父さん、
頼りがいのあるお父さん、一生懸命のお父さん・・・

 

何か思い出して、

涙が出る人もいるかもしれませんね。

 

さて、そんな素敵なお父さんも、

商売をしていると、
もちろん、色んな事があると思います。

 

良いことも、大変なことも、そりゃぁいろいろと。

 

でも、お父さんは、
自分たち家族のためにも、
精一杯頑張ってくれてきたはずです。

 

 

もしも、もしも・・・ですよ?

 

そんな、商売をするお父さんが、

 

「商売なんだから、仕方ない」と

あまり正々堂々としていないこと、

 

または、後ろめたいことをしていたとしたら・・・

 

本当に純粋な気持ちで
お父さんを尊敬し続けられるでしょうか?

 


自分が儲かるための駆け引きだの、

 

自分が少しでも得をするために人を出し抜くだの、

 

自分を飾って見せてお客さんの気を引こうとするだの、

 

背に腹変えれぬ、仕方ない、じゃぁどうしたらいいんだ、

 

そういうことをやっているお父さんを見たら、
子供であるあなたは、
本当にお父さんを心の底から尊敬できるでしょうか。

 

え?

子供にはわからない?

 

いいえ、子供というのは、

いつしか大人になります。

 

いずれ、気付くものです。

 

必ず。

 


人を蹴落とし、欺き、不義理を繰り返し、
自分に少しでも得になるように、


「それが、商売だ」と言い聞かせながら
必死に頑張っているお父さんを見たら、

 

子供であるあなたは、


「商売」というものに、
「ワクワクする未来」を感じられますでしょうか?

 

 

それよりも、
いつもお客さんがもっと良くなることを考えていて、


お客さんと笑い合っていて、


社員とも笑い合っていて、


お客さんから、すごく感謝されているような
そんなお父さんの背中を見ているほうが、

 

子供のあなたは、
心の底からお父さんを尊敬できるのではないでしょうか。

 

 

また、お客さんから感謝されている以上に、


お父さんのほうが

お客さんに対して
日々感謝をしているような姿勢を見ていたら、


余計に「商売って素晴らしいものなんだなぁ」と
思えるのではないでしょうか。

 


これ、何が言いたいのか?


実際に、あなたのお父さんが
どうだったかよりも・・・

 

これは、あなたと、あなたのお子さんとの
関係にもなるのではないでしょうか?

 


経営者のみなさん。

 

あなたの商売する姿を、
あなたのお子さんは見ています。

 

また、お子さんがいらっしゃらない場合でも、
次世代の子供たちは、

あなたの商売する姿を見ています。

 


あなたが、

あなたの商売の未来に対し、


ワクワクして楽しんでいらっしゃったら、

 

それを見ているあなたのお子さんは、


「商売」というものへのイメージを
希望あるものという捉え方を

してくれるのではないでしょうか?

 


あなたが、

お客さんがあなたの商売を通じて
もっと良くなっていくことに
ワクワクして楽しんでいらっしゃったら、

 

それを見ているあなたのお子さんは、


商売を素晴らしいものだと
捉えてくださるのではないでしょうか?

 


あなたが、

一切うしろめたくなく
正々堂々たる考え方とやり方で

商売をしっかりと行い
ちゃんと繁盛してくれていたら、

 

それを見ているあなたのお子さんは、


親御さんであるあなたのことを、
純粋に、本当に心の底から尊敬し、


あなたが親であることを
誇りに思ってくれるのではないでしょうか?

 

これから先、何年も、何十年も、
そんなあなたのことを
誇りに思ってくれるのではないでしょうか?

 

そうなると、当然、
そのお子さんが「仕事」に就いた時、


人様の幸せをしっかり考えながら
仕事を提供できる大人に

なってくれるのではないでしょうか?

 


もちろん、可能性のひとつを話しているだけなので
絶対そうなる、なんて言えません。

 

でも、大事なことではないでしょうか?

 

親であるあなたが、
そういう「姿」「姿勢」「考え方」で
商売を楽しむ、というのは、

 

今、日々追いかけている
「目の前の業績」と同じくらい
大切なことなのではないでしょうか?

 


そして、今、あなたは、


そんな一切後ろめたくない考え方とやり方で
商売をできていますでしょうか?

 

また、正々堂々とした姿勢で
しっかりと繁盛していく術を
本当にご存じなのでしょうか?

 

そういうのは「無理なのでは?」と
どこか諦めながら目の前の業務に
追われてはいないでしょうか?

 

実際に見ている見ていないにかかわらず、


あなたの言動すべてが

見られていると仮定した時、


あなたは、

お子さんが尊敬してくれるような背中を
しっかりと見せることは出来ているでしょうか?

 


もう、お子さんは、
成人なさっているから遅いと思いますか?

 

いいえ、

まったく遅くありません。

 

どれだけお子さんが大きくなっても、


どれだけあなたが年をとっても、

 

お子さんからすれば、


やはり、親はずっと、ずーっと、
自分のヒーローであって欲しいものです。

 


だから、
あなたが、今から、


商売に対する姿勢や考え方を
もっと正々堂々で結果が出るものに
変えていくことは、

 

決して、遅くはありません。

 


また、今から変わるというのは、


どんな年齢であれ、

どんな機会であれ、

 

決して、恥ずかしいものではありません。

 

 


今から、変わっていきませんか?

 

今から、もっともっと
素晴らしい商売に、

 

今から、もっともっと
希望いっぱいの商売に、

 

今から、もっともっと
楽しさいっぱいの商売に、

 

今から、もっともっと
笑顔あふれる商売に、

 

今から、もっともっと
お客さんがより幸せを感じる商売に、

 

今から、もっともっと
業績や資金の心配をしなくていい商売に、

 

今から、もっともっと
社員が御社に関われたことを喜ぶ商売に、

 

今から、もっともっと
あなたが笑顔に包まれる商売に、

 

変えていきませんか?

 


もちろん、今のままでも
不自由、不具合ない人も多いかもしれません。

 

変わらなければならない必要がない方も
多いかもしれません。

 


でも、それでは、
昨日と、今日と、同じ明日が来ると思います。

 

商売というものは、
経営者であるあなた次第で、


もっともっと良い結果と、
もっともっと良い状況を創れるというのに、

 

あなたの一か月後、三か月後、半年後は、
昨日と同じ日が続くかもしれません。

 

現状の延長線上を

選択しているあなたには、


現状の延長線上の未来しか

やってきません。

 


その現状の延長線が
明らかに伸びることが見えているのなら、


それでいいのかもしれませんが、

その現状の延長線が
平行線をたどっていたり、


下降しているものであるならば、

 

半年後や一年後は、
今より笑顔の少ない日々が

やってくるかもしれません。

 

 


僕は、12年間、日本全国さまざまな場所で
さまざまな業種の経営者さんと、
たくさんたくさん、商売の話をしてきました。

 

たくさんの相談にのってきました。


それもこれも、すべては、
もっともっと「笑顔」をつくるためです。

 

商売する人に、笑顔を。

 

その家族に、笑顔を。

 

社員や社員の家族にも、笑顔を。

 

お客さんやお客さんの家族にも、笑顔を。

 

その商売がある地域の人たちにも、笑顔を。


この想いに、ブレずに、ずーっと続けてきました。

 

 

結論から言うと、
人を騙すもの以外、すべての商売は、


もっと笑顔を増やすことが、
結果的にその商売の増益に繋がるのです。

 

 


でも、多くの経営者さんは、


「そうは言っても」

 

「商売だからこういうもの」


「背に腹変えれぬ」

 

「綺麗ごとだけでは無理」と、

 

お客さんの笑顔よりも、


「目先の売上確保」を

重要視してしまいます。

 

 

その結果、


「未来の売上」を前借りして

今目の前の渇きを「とりあえず」潤して、


未来にまた「目の前に困る」ということを
繰り返してしまいます。

 


決して、あなたがそうだとは
言うつもりはありません。

 

でも、それが世間で多い形です。

 

それが、世間では

当たり前だと思われています。

 


だから、
だから、


あなたも、

そういう「世間の商売の常識」に
どこか意識が縛られてしまうのです。

 


もったいないとは思いませんか?

 

あなたは、まだまだ、
あなたの、その商売において、


本領を発揮できていないのですよ??

 

 

どこか、無意識に、
「世間の商売の常識」に捉われている以上は、


あなたに大きな制限がかかって、
本来持っている力を発揮できない状態になります。

 


つまり、これ、
その「世間の商売の常識」による
制限が外れると・・・

 

もっと売上が上がるし、


もっと利益は確保できるし、

 

もっと日々が楽しくなるし、


もっと社員も活き活きしてくるし、

 

もっとお客さんは笑顔になって、


もっとあなたの商売はお客さんに愛されるのです。

 

もっともっと、必要とされる状態になるのです。

 

 


先程、「あなたのお父さんが」という例え話を
させていただきましたね。

 

あれも、そのお父さんが
正々堂々な商売ができなかったのは、


お父さんが悪いのではなく、


「世間の商売の常識」が、

そうさせてしまっていたのです。

 

数の論理って、強烈なので、
やはりみんな流されてしまっていたのです。

 


でも、正直、


「そうは言っても」

 

「商売だからこういうもの」


「背に腹変えれぬ」

 

「綺麗ごとだけでは無理」と、

 

多くの経営者さんが

「言い訳して諦める」ような


真っ直ぐで清々しく、

気分がものすごく良い商売によって

 

長く長く、お客さんに支持され続け、


長く長く、望むだけの収益を得られるようになり、


長く長く、日々ストレスのほとんどない商売を


続けられるようになるとしたら・・・

 

あなたの実力を制限している
「世間の商売の常識」に縛られることは
これから先、もう無いのではないでしょうか?

 

 


実際、僕が商売の相談を受けている時に
確実に結果を出すためにやっていることが、

 「世間の商売の常識」の間違いに

気づいてもらうことです。

 

その「世間の商売の常識」に
固執するのをやめることができると・・・


実は、結構アッサリと、結果が出るのです。

 

 

僕は、そうやって、
たくさんの経営者さんたちに、


「その方の持つ本領を発揮してもらって、
結果を今以上に出して頂く」というやり方を
いつも駆使しています。

 

もちろん、その商売の今の状況から考えれば、
どこをどうすればいいか、というのは
販促・マーケティングの元専門家らしく
ちゃんと考えた上で誘導しますが、

 

基本的には、

その人に結果が出る方法を教えるのではなく、


その人が本来持っている結果を出せる能力や
結果を出せる方法を編み出せる能力を
覚醒させて結果に導くやり方をしています。

 


そんな風に、
経営者さんの頭の中に
悪気なくいつの間にかこびりついてしまった
「世間の商売の常識」を

 

「文字」にて、取り去ってしまうことができる冊子を
新しく作りました。

 

タイトルは「経営助言書」です。

 


この冊子「経営助言書」は、
あなたの未来を、
楽しく明るくワクワクさせてくれるはずです。

 

この冊子「経営助言書」は、
「あなたの未来」に作用するように創りました。


 この冊子「経営助言書」を使って
どんなに嬉しく、素晴らしい結果が出たとしても、


それは、この冊子「経営助言書」が凄いのではなく、

 

あなたの中には、
その状態を創りだすことができる能力が
それだけ隠れてたんですよ、ということです。

 

だから、凄いのは、あなた、になるという訳です。

 

 

「この通りやりなさい。ほら結果が出たでしょ?
それを教えた私をたたえなさい、私は凄いでしょう?」
といった先生業講師業の人によくある考えは、
僕には一切ありません。

 

そんなの、どうでもいいのです。

 

大事なのは、
何度も、何度も言いますが、
あなたの未来です。

 

あなたの、一か月後の未来です。

 

あなたの、三か月後の未来です。

 

あなたの、半年後の未来です。

 

そして、あなたの、
一年後の未来、

三年後の未来、

五年後十年後の未来です。

 

その「未来」が、
どれだけ笑顔に包まれているか、が

僕には大事なのです。

 


あなたが、

お客さんの笑顔に包まれているということは、


当然、お客さんは、あなたによって
今まで以上に幸せな体験が出来ているのです。

 


あなたが、

お客さんの笑顔に包まれているということは、


社員もお客さんの笑顔に包まれているので、
あなたのところで働いていて良かったと、
心から思っている充実した日々を過ごしているのです。

 

 

あなたが、

お客さんの笑顔に包まれているということは、
あなたが満たされている日々を過ごしているということ。

 

あなたの周囲の人、家族や友人は、
あなたが近くにいることで、
今まで以上の心の余裕を持てるようになり、


その効果がその方々にも
さらに幸運な出来事を運んでくれることになるでしょう。

 


あなたは、

ただ、商売をしているだけで、

 

あなたの存在が、
周囲にとっての「福の神」になる、

 

あなたがいるだけで、


あなたの存在が、


周囲の人に幸運を運んでくれる。

 

 

あなたが、

そんな経営者さんになったら・・・

 

あなたは、

今よりもっと、

幸せを感じるのではないでしょうか?

 


ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、


「生まれてきた喜び」を

もっと感じるのではないでしょうか?

 

それこそ、
「この世に産んでもらった喜び」をもっと感じ、
ご両親に今以上に感謝する気持ちを
すごく自然に持てるのではないでしょうか?

 


これ、みんなが笑顔になりませんかね?


僕が冊子を生み出すのは、
そのためです。

 

あなたを含めた、

みんなの笑顔のためです。

 

 

そういう「あなたの未来」を創るために、
商売相談という手段に加えて、
今回新たに、冊子という手段を選びました。


僕が言っていることは、
本当に大げさでしょうか?

 

でも、
商売相談のお客さんたち、

顧問先さんと呼んでいる方々は、


何年も、何年も、僕に依頼し続けている、
これからも、僕を手放される気が無い、
そういった事実があるので、

そこでなんとなく察して頂ければ、と。

 

当然、顧問先さんたちも、
この案内は読みます。

 

これが、大げさであるのなら、
嘘偽りがあるのなら、
顧問先さんは「新井さんのうそつきー」と
すぐに解約なさると思います。

 

でも、5年以上

継続されている経営者さんが半分以上です。


10年を超えていらっしゃるところも3社あります。

 

気付かれていると思いますが、
僕自身が有名になるための取り組みなんて
一切していませんよね?

(煩わしいから必要ないですし・・・)

 

ほとんどセミナーはしないし、
営業活動もしないし、広報のために何かもしない。

 

多くの人が迷走しながら頑張っている

SNSで必死にアピールなんてもってのほか。


ブログも放置、メルマガもたまにしか書かない。

 

必死にお客さんを集めようとしなくても、
長く信用して継続してくださるお客さんで
いつも予定はいっぱいなのです。

 

何度も言いうように、
もし、僕が先程の「あなたの未来」のことを
大げさに書いているのなら、
顧問先さんからの「信」は真っ先に失うでしょう。

 

というか、先程の夢のようなことは、
僕がいつも顧問先さんに言っていることなんですね(笑)

 

で、それが
実際にどんどん実現しているからこそ、
みなさんさらなる未来にワクワクしながら
僕を継続的に呼び続けてくださっている訳です。

(もちろん、依存なんてさせていません。
依存させてお金を払わせるの、大嫌いですから。)

 

 

でも、

本当にあなたのお客さんが

笑顔あふれる商売になれるからこそ、
もっとたくさんの経営する人に
この状態を味わっていただきたいのです。

 

やっぱり、たくさん笑顔を創りたいのです。

 

僕は欲張りなのです(笑)

 

もっともっと、日本全国で、
商売する人から

笑顔を拡げてもらえるようにしたいのです。

 


商売する人が、
通帳残高を見てしかめっ面している状態から解放されて
いつも笑顔になるように。

 

商売する人が、
社員のことで頭を悩まされる時間が解放されて
いつも笑顔になるように。

 

商売する人が、
お客さんに対しての疑心暗鬼から解放されて
いつも笑顔になるように。

 

こんなことが、
ちょっとでもあなたのところで起こってくれたら・・・

僕はものすごく嬉しい。

 

そういう自己満足を

僕は楽しんでいるのです。


いいでしょ?


こういう、関わる人が
みんな笑顔になっちゃう自己満足(笑)

 

ここに関しては、

ものすごく強欲なのです(笑)


ということで、
「あなたの未来」が今以上に良くなるように
 この冊子「経営助言書」を創りました。

 


価格は
27500円(税込29700円)とさせて頂きました。

 

「経営」している観点から良く考えてください。

 

これを「目の前の出費」として
高いだの、安いだの判断してしまうのであれば、


正直、冊子の内容は、

あなたには、ちょっと高度すぎると思います。

(この冊子は新井の全力がそのままダイレクトに反映されています。

ですので、この出費の必要性が理解できない人には

そもそも内容がまったくついていけないはずなので、

買わないほうが良いです。)

 

「経費」としてご購入されるはずです。

 

「経費」とはなんでしょう?

 

「売上」をあげるためのお金です。

 

だから、

「未来のためのお金」でしかありません。

 

経営者であるのならば、
高い安いは、目先の出費ではなく、
「未来の売上増のため」から判断してください。

 


内容が薄くて騙されるかも?

 

・・・ここまで読んでいる人が
本当にそんなこと考えているなんて
ありえないでしょう(笑)

 

騙すようなことするならば、
実際に伺うスタンスの仕事はできませんって。

 

その疑問って、
手に入れたら現状が変わってしまう「恐怖」から
訳がわからない「やらない言い訳」が
早速出ているのでしょう(笑)

 

でも、現状が良いように変わるのは、
あなたが望んでいる訳ですよね?

 

じゃぁ、あなたが「GO」するだけです。

 


今から、目次としてタイトルを羅列します。


どんなことが書いてあるか、
よくご覧くださいね!

 

(それぞれのテーマで内容が詳しく数ページ書いています。
しかも1ページは3列に分かれているくらい
ギッシリなボリュームで書かれてあります。
新井の文章は一行当たりが短く、改行も多いので、
1ページを3列に分けた書き方を今回採用しました。)

 

 

<本編 60項目 全228P 大きさB5版>

----------
1.
新井に触れた後のあなたは
別人になっていることに気付いて頂ければ、
効果は一気に上がります!

 

---
2.
いけそうな企画に期待をかけるから
なかなかうまくいかないのです。
自分の意見に頑なにならずに、
自分の決断に頑なになってください!

 

---
3.
お客さんは自分の未来が
さらに良くなることのためにだけ
買い物をしていますよ!
気付いてあげていますか?

 

---
4.
売れなくなった店や会社は、
意外と簡単に売れるようにできるコツがあります。
ちょっとした考え方次第です!

 

---
5.
多くの経営者は勘違いしていますが、
背水の陣は、一か八かや、
もう後がないとかいう意味ではなく、
必ず勝つための安全策なのです!

 

---
7.
予算とかお客さんの財力を勝手に想像してしまうのは、
絶対にやめたほうがいいです!
チャンス逃します、もったいないですよ!

 

---
8.
人は人に影響を受けます。
ですから、あなたが良い影響を
どんどんお客さんや社員に与えたいのなら、
この秘訣は絶対行って下さい!

 

---
9.
同業他社さんが絶対やらない気付かないことを、
ちゃんと押さえていますか?
面倒くさいことを招く前にココを重要視しましょう!

 

---
10.
売り手も買い手も、見えるところに捉われてしまうが、
買い手は目に見えるものではなく、
見えないところを買っているのを知ってますか?

 

---
11.
仕入れ金額ばかりを見て仕入れをしていたら、
売れ残りが出やすくなるから、
違うところを見ましょう!
そうすると売れ残らなくできます。

 

---
12.
資金繰りをなんとかしようとばかりしていたら、
困る状況は繰り返していませんか?
それ、なんとかできますよ、どうします?
今から言うこと、信じます?

 

---
13.
昔よりお客さんが減ってきたと、
何年もその場所で
商売してきたお店が嘆いている場合は、
プロはこう考える!

 

---
14.
心に余裕がない時には、
新井の言葉は痛かったり厳しく見えたりしますが、
その未来を曇らせる無意味なパターン、
もうやめませんか?

 

---
15.
受けた恩は当人ではなく、
お客さんに返してあげてください。
本気で笑顔あふれる商売繁盛をしたいなら、
それを見返りを求めずに黙々とやってみてください。

 

---
16.
「良心的な価格」と、
「良心に沿った商売での価格」はまったく別物です。
何が違うかを知らないと
利益をずっと大損し続けてしますよ!

 

---
17.
販促の専門家は販促物の内容より
あることを重要視しています。それはなんでしょう?
これを知るだけでも販促物への考え方と
出てくる効果は激変しますよ!

 

---
18.
お客さんはあなたが思っている
50倍は忘れやすいものだと、
気付いてあげてください。
さて、忘れていることを忘れていませんか?

 

---
19.
安心して結果を上げてもらうために。
あなたが新井に騙されることは
絶対にありえない3つの理由、その1

 

---
20.
安心して結果を上げてもらうために。
あなたが新井に騙されることは
絶対にありえない3つの理由、その2

 

---
21.
安心して結果を上げてもらうために。
あなたが新井に騙されることは
絶対にありえない3つの理由、その3

 

---
22.
自分の過去の成功パターンに頼ったり、
自分の過去の失敗ケースを
除外したりするのはモッタイナイ!
あなたはもっと出来る人のはず!

 

---
23.
目の前の支払いが苦しくて
なかなか希望を持つことができないよ、
という言葉は実はおかしい。
目を覚ませ!絶対に今から儲かるのに!

 

---
24.
お客さんは自分が買い物する時に、
理想の商売を、イメージ出来ている訳ではないのです。
そのこと、踏まえて商売していますか?

 

---
25.お客さんは来ます、来てくれます。
でも、あなたが道を整備していないと
来られないのですよ?
さぁ、お客さんが増えるようにしましょう!

 

---
26.
集客ってどの立場から見た言葉だとおもいますか?
角度が間違っていたら良い結果に繋がりませんよ。
正しく意味を捉えて行きましょう!

 

---
27.
受注が欲しい受注が欲しい受注が欲しい…では、
誰も幸せになりませんよ!
その気持ち、ちゃんと受注が入る考え方に変えませんか?

 

---
28.
経営判断って
「その時、どう判断するか」よりも
「どれだけ判断材料が見えるか」。
なので、色々見えるようになる訓練方法をお伝えします。

 

---
29.
みんな買ってもらう前ばっかり見る、
でもそこばかり見るから
新規客獲得を永遠にし続けないといけなくなる。
さて、あなたはどうする?

 

---
30.
外部の人からの「なんでそんなに効率悪いことをしているの?」
という声にビビらないでください。
効率悪いというのは、
増益を呼び込む重要な手な場合もあるのです。

 

---
31.
この業界はこれから悪くなる一方、
とかの声はあなたにとったら良い情報だと気付いてください!
だってあなたは今から
このメカニズムを知ってしまってうのだから。

 

---
32.
あなたがあなたの仕事のプロとして、
当たり前すぎて疑わなかった部分は、
実は宝の山なのです。
ここをザックザク掘りましょう!

 

---
33.
まだ、善人は騙されてしまうと思い込んでいますか?
それは恥ずかしいくらい大きな勘違い!
あなたはガッツリと善人思考だけで
本当に清々しい商売をしよう!

 

---
34.
会社の数字は現状把握のためではなく、
さらに明るい未来をつくるためのものですよ!
あなたの数字の捉え方ひとつで、
本当に年商はゴソッと変わりますよ!

 

---
35.
経営者は現状の延長線上が大好きですが、
あなたはそこから離れないといけませんよ!
それは決して安全な道ではありませんから!

 

---
36.
相手のノーは拒否や拒絶ではないので、
ノーに対し過剰反応する必要はない。
相手のノーは覆せます!

 

---
37.
新規客が欲しいからと
新規客にアプローチをするよりも、
新規客獲得を頭から消す方が商売は潤い続けますよ!
その1。

 

---
38.
新規客が欲しいからと
新規客にアプローチをするよりも、
新規客獲得を頭から消す方が商売は潤い続けますよ!
その2。

 

---
39.
あなたのお店や会社や医院に
長く通い続けてくれているお客さんほど、
忘れてしまっている大事なことがあります。

 

---
40.
原因はわかっているんだけど
なかなか難しい、は大きな勘違いですよ!
その意地を捨ててみれば、
突破口はあなたの前に出てきます。

 

---
41.
お財布に優しいとか
お客さんがそこまでお金を払えるかどうかとかは、
売る側が考えないほうが
お客さんはより幸せになっていきますよ?

 

---
42.
お客さんがさらに幸せな買い物ができるための順路は
どこまでイメージしてあげていますか?
ちゃんと親切に誘導してあげていますか?

 

---
43.
順番を守らないと、本来出るべき結果が出なくなっちゃう。
本気で結果を出したいなら、
内容より先に順番を重視してみてください!

 

---
44.
本気で今より3倍にしたければ、
どうしたらなれるか想像もつかない
とかいう疑問はどうでもいい!
そこにこだわったら負け!

 

---
45.
自分が変われ変われと言うけれども、
どう変わったらいいのかわからない、というのは、
こう考えれば簡単に解決できます!

 

---
46.
集客は直接アプローチしないとできないと
勝手に定義してしまっていませんか?
それを超えた素晴らしい世界を
あなたの商売で今すぐ実現してみませんか?

 

---
47.
資金繰りが厳しい、手持ちのお金が少ない、などの
金銭的に不安な時には、
経営者さんは出て行くお金ばかり気にするが、
大事なのは…。その1。

 

---
48.
資金繰りが厳しい、手持ちのお金が少ない、などの
金銭的に不安な時には、
経営者さんは出て行くお金ばかり気にするが、
大事なのは…。その2。

 

---
49.
資金繰りが厳しい、手持ちのお金が少ない、などの
金銭的に不安な時には、
経営者さんは出て行くお金ばかり気にするが、
大事なのは…。その3。

 

---
50.
資金繰りが厳しい、手持ちのお金が少ない、などの
金銭的に不安な時には、
経営者さんは出て行くお金ばかり気にするが、
大事なのは…。その4。

 

---
51.
資金繰りが厳しい、手持ちのお金が少ない、などの
金銭的に不安な時には、
経営者さんは出て行くお金ばかり気にするが、
大事なのは…。その5。

 

---
52.
業績不振な経営者さんは
「業績不振になったのはなぜなのか?」ではなく、
「今、業績不振なのはなんのため?」と
自分に問いかけるだけで
未来は明るい方に変わってきますよ!

 

---
53.
もう、何をしたらいいかわからない!
もしそんな状況に陥ってしまったら、
新井にすぐに聞いてください!

 

---

 

54.

仕事を本気で楽しんで、やっていますか?

条件付きの楽しみになっていませんか?

未来の子供達に背中を見せられますか?

 

---

 

55.

正確な状況判断が出来ていないと

すべての判断を間違いますが、

ではその正確な状況判断ができる秘訣とは

何でしょう?その1。

 

---

 

56.

正確な状況判断が出来ていないと

すべての判断を間違いますが、

ではその正確な状況判断ができる秘訣とは

何でしょう?その2。

 

---

 

57.

精一杯とか思い切ってやれとか言われても、

大変になったり忙しくなりすぎたりしないのかなぁ?

…と、考えすぎて躊躇していませんか?

 

---

 

58.

結果が出せないスパイラルに陥るのは、

実は結果を出したくないと自分が決めているからです。

もちろん無意識なんですけど、

それそのまま放置していいの?

 

---

 

59.

お客さんへの待ち時間は

減らしたほうがいいのでしょうか?

逆に増やすのは本当にいけないことなのでしょうか?

 

---

 

 60.
自分の人生が、自分の未来が、
今よりさらに幸せになっていく許可をちゃんとしていいると、
商売は、必ず今以上に良くなっていきますよ!

 

----------

 

 

 

 

 

冊子「経営助言書」は、

勉強するつもりで、知識を得るつもりで読むのなら、
正直、まったく効果を発揮しないかもしれません。

 

心に作用するように創っています。

 

ちゃんと経営者さんが、
自分の商売の状態を思い浮かべた上で
しっかりひとつひとつを読んでみると・・・

 

まったく関係なさそうなテーマからでも
ズギュゥゥゥゥゥン!と心に響くことが
あるはずです。

 

そして、その気持ちで動いてみると・・・
あら不思議、状況は変化していきます(笑)

 

いや、これ、ホンマです。

 

「状況変化というのは、
まずは自分から変わること」という
大鉄則に則っているので、本当に効くのです。

 

心に響く、ということは、
その人は「ほんの少しは変わった」ということ。

 

それを繰り返せば、その人は
大きく考え方が変わってきます。

 

そうすれば、必ず状況変化というのは
生まれるものなのです。

(このことも、詳しく冊子に書いていますよ!)

 


あと、この「本編」に
「社員問題編」だけをまとめた冊子も
追加したセットもご準備しています。

 

 

そちらの価格はセットで
45000円(税込48600円)

 

なお、この「社員問題編」の冊子は、
別売りではお売りすることはしません。

 

この機会でないと、
二度と手に入れることはできません。

 

こちらの都合で本当に申し訳ありませんが、
個別にこの冊子だけ追加という要望が増えると
あまりにも対応が大変になり
通常業務(商売相談の時間確保)に支障をきたす恐れがあるので、
「社員問題編」を手に入れられる機会は
「セット扱いのみ」とさせて頂きますね。

 

ですので、
社員がいる会社、また、これから社員やパートを
雇う可能性のある会社の経営者さんは、
後で後悔しないように、必ずセットをお選びくださいね!

 

(社員問題がウソのようにスルスル解決していく、と
顧問先さんから大評判の内容を

たくさんたくさん詰め込んでいます。

色んな角度からたくさん書いています。)

 

あなたの社員が

本当に輝きだすための「経費」です。


たぶん、目の前の料金が

高い安いの話ではないはずですよ!

 

 

以下、「セット」でお買い求めの方のみの

「社員問題編」の目次です!

 

<社員問題編 38項目 全136P 大きさB5版>

----------

 

1.

社員問題というのは、問題視するほどドツボにハマります。

ココを理解しておかないと、

いつまでも社員に頭を悩まされますよ!

 

---

 

2.

社員同士の連携がなかなか良くならない、

というのも連携の問題ではありません。

違うところに解決すべき原因があるのです。

 

---

 

3.

もう、社員が言うことを聞かないと悩む必要はありません。

経営者さんが事の重大さに気付くだけで

スルッと解決できるようになります。 

 

---

 

4.

社員募集の時にはみんなが

いい人材に来て欲しいと思っていますが、

それ自体が間違いなんです。

大事なのはもっと前の段階なのです。

 

---

 

5.

小さな事業の場合は、

やることが多いから社員が辞めるのではなく、

その人の人生にとって

御社の姿勢ではヒマだから社員が辞めるのです。

 

---

 

6.

相手が本筋からズレる話題に変える反応が出た場合は、

逃げている問題を掴めるチャンスだから

見逃さないでくださいね!

 

---

 

7.

社員は放っておいたら、

お客さんに対する注意書きや禁止事項を、

悪気なくどんどん増やしてしまう特性があることを知ってください!

 

---

 

8.

こんなに頑張っているのになかなか報われない!と思うと、

さらに報われなくなるループから、

あなたも社員も解放されてください!

 

---

 

9.

歩合、特別手当、臨時報酬などを出す際は、

エサで釣る考えではなく、

どうせなら最良の結果になるようにしてあげましょう!

 

---

 

10.

社員が会社のために働くことは絶対にありません、

だからこそそれを踏まえて、

社員が会社のためにワクワクして働きたくなるように、

なってもらいましょう!

 

---

 

11.

それは私の仕事の範疇ではないと社員に嫌がられる。

これはその社員の問題ではなく、会社全体の問題。

だから、こう考えて根本から解決すればいい!

 

---

 

12.

社員が辞めて手が足りなくなったので、

残った社員に負担をお願いする、という時に

絶対押さえておきたいポイント、その1。

 

---

 

13.

社員が辞めて手が足りなくなったので、

残った社員に負担をお願いする、という時に

絶対押さえておきたいポイント、その2。

 

---

 

14.

私の代わりにその話を社員にしてやってもらえますか?

とか言っている経営者さんは、

その悪い癖をすぐにやめるべきです!

 

---

 

15.

社員は行き先がわからないとすぐ不安になるものです。

自分で舵を持っていないからこれは当然なんです。

そこを解って日々仕事に向かわせていますか?

 

---

 

16.

社員に対し、あいつはあれが出来ない・苦手・向いてないと

レッテルを貼ってしまうのは、

すごくもったいない勘違いですよ!

そうじゃないのです!そこじゃないのです!

 

---

 

17.

社員にたくさんたくさん給料を支払っている未来をイメージをして、

ワクワクしていますか?

儲かったなら上げてやりたい程度でしか

思っていないことはないですか?

 

---

 

18.

人のせいや何かのせいばかりにする

被害者意識を持って経営している間は、

利益を失い続けてしまっていますよ!今すぐ修正を!

 

---

 

19.

社員が業務の効率化をしてくれるのはありがたい姿勢ですね!

でも、その社員がやる効率化には、

とある注意が必要ですからね?

 

---

 

20.

仕方ない理由で社員が辞めたいと言ってきた時、

会社にとって痛いなと思うと、新たな社員が入りにくい状態が

生まれたりしますので気を付けてくださいね!

 

---

 

21.

経営者のあなたは新年から変わろうとしているのに、

社員は前年と同じ感じだったら

モヤッとしたりイラッとしたりしちゃいますよね。

だからここを知っておいてください!

 

---

 

22.

経営者と社員が険悪になり

対立したりするのはなぜでしょう?

それは互いに、あるところから目線が外れているからです。

 

---

 

23.

もっと社員が危機感を持って仕事をしてくれたらな~、

と思っているなら今すぐその勘違いを改めてみてください!

絶対にそのほうが状況は好転しますから!

 

---

 

24.

とにかく昔からなかなか社員が入らないって困っている、と、

どこか諦めている考えはないですか?

根本解決したくないですか?

 

---

 

25.

どうして思い通りに動いてくれないんだ!って

嘆くことはありませんか?

それは思い通りの概念が間違えているから。

本来の思い通りに直すためにあることを守ろう!

 

---

 

26.

あの社員は褒めたら調子に乗るんです、

だから褒めたらしっかり締めないといけないんです…

という誤解を捨てて、素直に褒めたくなる環境にしましょう!

 

---

 

27.

結婚や出産で女性スタッフが辞めると言ってきた時は、

絶対に困るとか

次の人どうしようとか考えたり言ったりしてはいけません!

 

---

 

28.

売れない社員(できない社員)で悩む必要はもうない!

売れない社員を

今から売れるように変身させましょう!その1。

 

---

 

29.

売れない社員(できない社員)で悩む必要はもうない!

売れない社員を

今から売れるように変身させましょう!その2。

 

---

 

30.

売れない社員(できない社員)で悩む必要はもうない!

売れない社員を

今から売れるように変身させましょう!その3。

 

---

 

31.

売れない社員(できない社員)で悩む必要はもうない!

売れない社員を

今から売れるように変身させましょう!その4。

 

---

 

32.

売れない社員(できない社員)で悩む必要はもうない!

売れない社員を

今から売れるように変身させましょう!その5。

 

---

 

33.

会社が変わろうとすると

変わりたくない社員が浮き彫りになってきますが、

その人がどんなに有能だったとしても、

これから先を見据えて冷静に何が大事か考えてみてください。

 

---

 

34.

利益を上げる人間を大事にしてください、というと

冷酷に聞こえますが、それは誤解です!

例えば大量の利益を持って帰ってくる営業マンが

必ず該当する訳ではないのですから。

 

---

 

35.

あなたも社員もみんなみんな、

常に自分に課題を出し続けないと、

その場しのぎのことしかやらなくなるのです。

さて、いつも課題は出しています?

 

---

 

36.

社員が悪い報告を隠そうとするとお困りの経営者さん、

その社員の人間性を否定して社内の雰囲気が悪くなる前に、

まずはこの前提を確認してみませんか?

 

---

 

37.

社員のために厳しく叱る経営者さんより、

優しいけど行き先を決めない経営者さんのほうが、

社員が集まらないし定着しないものです。

 

---

 

38.

あなたの会社に神の子のように

完璧で素敵で貢献しまくってくれる社員が入ったら、

会社やあなたはどうなるでしょう?

何かとてつもない幻想を抱いていませんか?

 

----------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、
  

■経営者さん(法人代表者、取締役、個人事業主など)の場合
◎経営助言書(単体)
27500円(税込29700円)
 

◎経営助言書+社員問題編のセット
45000円(税込48600円)

 

■経営者以外の方(会社員など)の場合
◎経営助言書(単体)
27500円(税込29700円)
  

◎経営助言書+社員問題編のセット
申し訳ありませんが、経営者以外には

社員問題編のセットはお譲りすることはできません。
基本的に、経営者以外が見てはいけない内容になっております。
あなたが会社員としての働きの中で
「驕り」「経営者のせいにする」が生じる可能性があるので
お譲りしないことにしています。ご了承ください。

 

 


とりあえず、
今からの2016年、
そして、2017年、2018年・・・と


これからの未来を
もっともっと「笑顔」に変える方は、

 

どうぞ、忘れないうちに、
今すぐご注文してくださいね!!!

 

 

※経営者以外(会社員など)の方へ

この冊子は経営者さんに心境に効くように創ってあります。

ですので、会社員さんが見る場合は、少しピンとこないかもしれません。

だから、あえて買わないことをお勧めします。

ですが、本気で今までにないパワーアップをしたい場合、

自分が経営しているつもりに本気でなりきって、読まれると

約束してくださるのなら、お譲りしてもかまいません。

絶対に他人事で読まないでください。そうなりかねないので注意しておきます。

知識を得るためや、勉強したいから、などは、絶対におやめください。

その姿勢だとあなたによろしくない作用も起こりかねません。

「経営者専用冊子」ということを踏まえ、自己責任でご購入をご判断くださいね。

 

 

 

 

ご注文はこちらから。

(お支払いは後払いです。請求書を同封いたします。)